音泉室内合奏団の食卓

ceonsen.exblog.jp
ブログトップ
2011年 10月 30日

ら・まるみった

La Marmittaのセカンドコンサートに縁あって出演させて頂きました。
皆様、お疲れ様でした。
最初はガチガチでしたが、後半は食べ物、飲み物、某I君の迷(名)アナウンスもあって寛いだ、和やかな演奏会になりました。飲み食い交えての演奏は良いですね。大らかな気分で時間を楽しめます。
出演者も全体として良い時間をお客さんと過ごすことが出来る。音楽の色々な側面の中でも、もっとも楽しい側面の一つであると思います。とても楽しめました。

 ジャズのステージでは飲み食いを伴うステージが一般的で、音楽ホールでのステージはあまりない。
世紀のインタープレーセッション・レコードとなったビル・エヴァンス・トリオの1961年6月25日のヴィレッジ・ヴァンガードでのステージ。お客は熱中して飲み食いもほどほどだったらしい。もっとも、お客が熱中していたのはステージの演奏ではなく、競馬だか野球だかのラジオ中継だった、との落ちがある。
 昔(50〜70年くらいか?)のジャズプレイヤーには薬漬けになったり、アルコール中毒になったり、自殺したり、と言う方が結構おられて、色々と考えさせられることが多いが、ともかく音楽に身を投じた結果、紆余曲折の結果、破滅を招くことになってしまう。それだけ音楽に入れ込んでいて、中には客のことなんかどうでも良いくらいに「音楽」『音楽』とのめり込んでしまう人もいた。でも、大方は自分がハッピーになれて、聴いている人もハッピーになれるセッションを目指していたと思う。
 先のビル・エヴァンス・トリオのように、もの凄いセッションをしていながら気のない拍手しか得られないライヴは不幸な例の一つであるが、飲み食いを伴う音楽はこうしたことに出会う可能性も高い。命懸けのプレーをしているジャズ奏者のステージが実はお客が音楽に集中出来ない空間であるところが、これまた音楽の面白いところでもある。そんなステージには音楽を聴きに行くのではなく、酒を飲みに行く、食事をしに行く、そういう客が集うのである。

さて、「ら・まるみった」でも宣伝して頂いたが、音泉の東京公演が近づいている。
第2回合宿も3週間後である。
ら・まるみったのお客さんは幸いにして、飲み物目的でもなく、食べ物目的でもなく、ラジオ放送に気をとられることもなく、暖かい気持で音楽を聴いて下さった。善意のお客さんたちである。あの場に集ったあのお客さんたちだから良い演奏会となった。何に喜んでもらうことが大切なのか、ちいと目的が紛らわしい音楽会であったが、それでも楽しんで下さったお客様に、まずは感謝である。
音泉の演奏会は、音楽を聴きにきて下さるお客さんがいらっしゃる。アマチュアの演奏会に来て下さるのだから相当に善意のお客さんと言える。だが、ら・まるみったのお客さん程の善意を期待してはいけない。音泉のお客さんには、全員で取組む音楽でしかお返しが出来ないのだから、私たちはお客さんの目的にも適うような演奏をしなくてはならない。

それにしても、ピアノの譜めくりという役は大変に緊張するものでありました。良い経験をしました。あまりの緊張をほぐすため、中休みにワインを飲んだら、思いのほか空腹に効いてしまい酔っぱらってしまった。後半最初の曲は当日チェロの譜面を見てやることにしたのだが、おかげで余計な事をせずにシンプルに音を拾って、脱力して演奏出来て良かった。練習よりもしっくりした演奏になりました。ピアソラはぐっと集中出来た。アルコールの力は偉大なり。酔っぱらってしまったのは誤算であり、申し訳ないことであったが、結果は良かったかも。

お客様の次には、一緒に演奏したみなさんに感謝。慣れないソロをとったり、カルテットをやったり、その他準備やら受付やら何やら、本当にお疲れ様でした。

久々に楽譜の揃わないステージで、短い期間にベースの譜面作ったり、譜めくりしたり、自分にもご苦労様でした。
さて、昼寝をしよう。
[PR]

by bassbassbassyy | 2011-10-30 14:07 | 音楽


<< 明けましておめでとうございます      第2回合宿 >>