音泉室内合奏団の食卓

ceonsen.exblog.jp
ブログトップ
2014年 05月 06日

エルガー

3日の弦楽器有志による音泉東京事務所大自主練大会(大袈裟)の中で意識された事柄を幾つか綴ってみたいと思います。

まずは、エルガーです。序奏の部分はテンポが揺れます。そんなにわかりにくくはないのですが、油断をするとズレちゃいます。基本はアレグレットとモデラートの2つですが、ポコやモルトのストリンジェント、アチェレランド、アテンポ、また、早さとは異なりますが、ラルガメンテ、ピュウモッソなど早さにまつわる雰囲気も変化します。
車と同じで、音楽も急には止まれません。アレグロからアンダンテに変化するところでは、アンダンテの直前からブレーキをかけないとならないので、小節線を越える前に充分に様子を伺う必要があります。
ゆっくりだったテンポを元に戻す時も「そこから」ではなく、「その前」で準備呼吸があります。
ストリンジェントやアチェレランドのように早くなる時、リタルダンドのように遅くなる時は、その記号のところからみんな一緒にアクセルやブレーキを踏み始めます。この違いは私は、楽譜に何か書いておかないとごちゃごちゃになってしまいます。
また、音の強弱も、事前に全体を見てみると、フォルテシシモからピアニシシシモ(?)まであるので、その部分、部分での音量の相対性も考えつつ、全体の中での音量の絶対性にも配慮しないと、終わる前に死んでしまいます。さらに、アレグロでは1小節の中でピアニシモからフォルテまたピアニシモと、短い間に大きな変化がありますので、しっかりと表現できないといけませんね。
練習番号9番の後半から10番は何でもないのに少しわかりにくくなっています。音程に気を付けて、周囲を聴きながら、しっかりと各自が各自の役割を果たさないと、他の楽器がどうして良いかわからなくなります。10番の2小節前のチェロ・バスは大きすぎてはいけませんが、スラーの中でふにゃふにゃにならず、縦線のわかるように弾く必要があります。他のみなさんはこのチェロバスが聴ける様でなくてはなりません。
練習番号10番からはアクセント、スタッカート、テヌートと音のかたちが異なる16部音符が連なっているので、しっかりと弾き分ける必要がありますね。小節番号12番の4小節前から2小節はヴァイオリンの方にはお気の毒です。人数がいないのでキツいとは思いますが、これが貧弱だとお話にならないので、覚悟してしっかりと弾いて下さい。入りの喰いつきに気をつけるのはもちろんですが、終わりの音にはもっと気を付けて下さい。
12番はコントラバスには悪夢です。入る前の16部音符の下降形にはテヌートがついていますが、音が低くなるにつれ貧弱にならないようにしっかり弾く必要があります。
8分音符もアクセント・テヌートで音を丸くしないようにしっかり弾くとともに、決して遅くならないように頑張らねばなりません。高弦の奏でるメロディーも、ともに高貴で輝かしい響きになるようにしましょう。
14番の3小節前、ともすると低弦と高弦の息が合わなくなるので一拍1拍をお互いに意識しながら14番の高みに登って行きましょう。高弦の方は休符前の8分音符の2つ目の音が短めに終わる傾向があるようですね。15番の3小節前のPはしっかりと音量を落しましょう。
フーガは、まあ、頑張りましょう。
セカンドでは3小節目の3拍目の裏、ファーストでは5小節目の3拍目の裏、チェロ・バスでは7小節目の3拍目の裏はいずれも印刷でアップから入るような指示がありますが、これはダウンで入ります。18番の1小節前のヴァイオリン・ヴィオラの8分音符、その後のチェロ・バスの同じ8分音符の下り基調のアクセントは全てダウンです。
再現部があって、30番からフィナーレですが、このフォルテシモを大きく入り過ぎると、終わりまでもたないので、ちょっと考えましょう。やたらと大きいよりも、伸びやかに、広々とした感じで音が出せると良いかも知れません。
本当のクライマックスは32番の4小節前にありますので、力を取っておきましょう。
32番からは「軽さ」を意識して、派手なアクセルはかけませんが、全体で「前」へ持って行きましょう。
このために、是非とも32番のピアノはしっかりと音量を絞って下さい。

さて、次はベートヴェンだが、面倒くさくなって来たぞ。
[PR]

by bassbassbassyy | 2014-05-06 14:37 | 音楽


<< 次はベートーヴェンなのだが・・・      4分の2拍子 >>