音泉室内合奏団の食卓

ceonsen.exblog.jp
ブログトップ
2009年 08月 26日

ブラームスはお好きですか?(5)

「投稿がない!」と大人気もなく騒ぎ立てたら結構、色々なお話を頂きました。やってみるものだ。003.gif
(今日は大いにまじめなので、ここから先は字を大きくしたり絵を入れたりしません。自分がわからなくなっちゃうからね。)

みなさんからのお話を伺って、ブラームスには人それぞれ、様々な思いがあることがわかりました。
そんな中で、何となく共通した思いは、「難しい」というものでした。それと同時に「来ない!」感覚ですね。
3番の第1楽章の第1主題で「胸が張り裂けそうになる」ゆーすけさんみたいな方もいらっしゃいますが、ベートーヴェンやチャイコフスキーやマーラーのように心に直に届くものが少ないという感じが、「良い音楽なんだけどなぁ」と言う感じと相まって、「難しい」と言う言葉を生んだのだと思います。
このことは、ブラームスに限らず、今日的な音楽の在り様に対する示唆ではないかと、私は思いました。
音楽が王侯貴族の物で、教養の一部であった古典時代とは違い、今日の音楽は、「頭」(教養)と分離した、「心」で聞かれている一つの査証でしょう。

ブラームスの時代は今日同様、音楽が大衆のものになって定着していました。しかし、啓蒙と革命の時代を過ごした後の民衆は産業の担い手である中産階級と、産業の被使役者である労働者階級に分割され、経済力とともに、教養が階級を二分する一つの指標でした。音楽が対象とする大衆はこの両者を含みますが、音楽の担い手の一人である作曲家は中産階級の援助なくしては(経済的に)成立しなかったと言う現状があったので、無教養な大衆に訴えるサウンドの力とともに前時代以上に教養に訴える哲学的な意味を持たなくては十分に受け入れられなかったようです。つまり、当時、音楽は頭と心で聴かれていたわけです。
ここで言う哲学的な意味とは文脈的(含む:反文脈的)な意味と形式のことです。哲学的な意味については何となくわかると思いますが、形式が何故ここで出てくるのか?(形式とは、例のソナタ形式とかロンド形式のことです。)

今日的にはあまり感じることはありませんが、形式と思考様式(意味を考える方法=哲学のこと)とは密接な関係があります。特にドイツ観念論(さらに、その中でも取り分けカント、ヘーゲルの弁証法)はシュトルム・ウント・ドラングを通じて文学に浸透し、ハイドン以降の音楽形式の考え方に思考様式の類似性(例えばソナタ形式は弁証法的に説明が出来る、と言うこと)が見られます。形式自体は思想の歴史より古くからあったのですが、文学の古典主義からロマン主義へ至る経緯で音楽に如実に影響を及ぼしたようです。

そして、心情に訴える力(=サウンドの力)と哲学的な意味とを結びつけるのが構築性です。この構築性は古典派の最後の代表と言われるベートーヴェンが具体的な方法でもって具現化しています。ロマン派の音楽とはこの哲学的な意味を無裁量に拡大解釈し、具現化された構築性の手法を最大限利用し、さらに磨きをかけ、殆ど崩壊の淵にまで発展させて、拡大した哲学的な意味に見合うようにした音楽とも言えますね。ともかく、そうしたわけでロマン派の音楽は様々な思想信条を備え、それに見合うサウンド力を持った作品群となりました。今日、これらの作品を聞くとき、主に教養の部分が担っていた哲学的な意味について上手く聴き取れなくても、サウンド力は私たちの心に強く訴える力を持っています。今日的な我々の音楽の聴き方は、このサウンドの力に重きを置いたものと言えますね。相対的に意味の方はどんどん顧みられなくなって来ているようです。

そうしたときに、今日、ブラームスの音楽が「来ない」と言うことについては、ごく単純に考えると次のことが言えると思います。
①哲学的意味合いが薄いために、強いサウンド力を持っていない。
②哲学的意味合いは深くあるのだが、強いサウンド力は備えていなかった。
③哲学的意味合いは深くあり、それに見合うサウンド力も備えているが構築性に問題があるため「来ない!」

我々は「難しい」と感じており、且つ、主題や和声にも魅力を感じているのだから③が最も正確に言い当てているようですね。
この「問題」をさらに幾つかの可能性として考えてみると、次のように言えると思います。

イ:ブラームスの作曲技法に問題があり構築性を持つことが出来なかった。
ロ:ブラームスの作曲技法には問題なく構築性が発揮されているが、演奏がそれを表現出来なかった。
ハ:ブラームスの作曲技法には問題なく構築性が発揮されており、演奏もよく表現出来ているが私たちがそれを聴き取れなかった。

これは明らかにロとハが最適と言えるでしょう。

今日において、ブラームスの音楽は、深い意味を持ち、それに見合う強いサウンドの力を持ちながら、構築性の表現が困難なため、または聴衆の理解力が低いために、「心」に響きにくい。

(かなり無理強いだけど)一つの結論を得ましたね。

では、次に私たちの演奏について考えて見ましょう。ここまで分かっていれば、そんなに難しい話ではありません。
私たちが4番の交響曲を演奏する上で大切になるのは、第一に構築性です。
構築性を表現するには、この楽曲に付されている意味を理解し、サウンドの力を充分に発揮する必要があります。
優先順位を付けるならば、「構築性」、「サウンドの力」、「意味」となりますが、構築性自体がサウンドの力と楽曲に付されている意味に依拠している訳ですから、3つは等しく大切だと言うことになりますね。
「なんだ、他の曲でも同じじゃないか!」と思っている、あなた(私も)。そりゃ、そうなんだけれど、今まで自分がオケで演奏する上で、どれだけこの3つを大切にして来たでしょう?
特に「構築性」のために何か出来たでしょうか?
少なくとも、私はそんなに考えていなかったなぁ。
でも、ブラームスを演奏して、お客さんと何かを共有したいと思ったら、これ、大事です(パクリ)。
自分と同じく、煮え切らない感想をお客さんに抱かせるのは、どんなもんでしょうかね?
[PR]

by bassbassbassyy | 2009-08-26 02:01 | 音楽


<< ブラームスはお好きですか?(6)      ブラームスはお好きですか?(4) >>