音泉室内合奏団の食卓

ceonsen.exblog.jp
ブログトップ
2009年 09月 18日

ブラームスはお好きですか?(9)

世界史の時間は些か退屈だったかも知れませんね。
ともあれ、今度は、そんな社会背景を有したブラームスについて、どんな人だったのか、ちょっと考えて見ます。014.gif

 ブラームスは特別に音楽の発展を考えている人ではなかったことは、「古典的」「保守的」と言った言葉でよく紹介されている通りです。しかし、変わったことを拒絶したり、新しいことを意味なく嫌ったりすることはなかったようです。同時代のブルックナーとの争いは、その殆どがメディア上で作られた物であったし、今日よく理解されている、ワーグナー派の代表としてのブルックナーと争ったと言う構図は事実ではありません。「指輪」のことは公然と茶化したり、嫌ったりしていましたが、ブラームス本人が、ほぼ死ぬまで大切にしていた「マイスタジンガー」の実筆総譜は面白いやり取りの末、ワーグナーから直接貰ったものでした。ワーグナーを尊敬しているとも言っています。ただし、自分の作るものにおいては、古典的なものを手本として、さらに人に教えるときは自分のものではなく、古典から引用して音楽の基礎として定着したものを教えていたようです。
 こうした、「昔からのもの」を大切にする気風は日常にも反映されており、それはブラームスにとって「古きよきドイツ的なもの」となって生活の折々に繁栄されています。「古きよきドイツ」とは自らがプロテスタントであったことにも関係しますが、「ヨーロッパの田舎」としてのドイツ人気質がその本質だと思われます。
 これは今日我々が抱いている現国家ドイツのドイツ人のイメージとはかけ離れていると思います。しかし現在でもドイツ人の本質はそこにあると考えている人は大勢いるようです。ドイツで生活したことのあるわたりさんに伺うと分かると思いますが、田舎人ドイツ人のイメージには質素で、朴訥で、まじめで、内向的で、シャイでありながら、明るく、社交的で、親切で、親しみやすく、家庭を大切にし、大地を愛する、というものがあります。
 ドイツにおける産業革命の後、プロイセン帝国やウィーンで流行った「ビーダーマイヤー」とはそうした古くからのドイツ人気質を現すものでした。国政や外交に関心がなく、華美な装飾を嫌い、やさしい気遣いを大切にし、ウソをつかないことが美徳でした。これが生活様式や美術に反映されたのが「ビーダーマイヤー様式」です。
 そもそも、小国の集まりであったドイツでは、領主と領民の間でも人としては対等で、両者間の契約(民を守り、税を払う)では経済的な事柄も大切でしたが、「信義」を重んじたと言う点で他の先進ヨーロッパ諸国諸領とは異なった側面を有していました。プロテスタンティズムがそうした気質を養ったという人もいます。また、「信義」は古代ローマからの伝統でもあります。ブラームスはそうした古き良きドイツとドイツ人気質を愛し、自らも実践していたように思います。逆に、華美なもの、表面的なもの、経済的のみのものは嫌っていました。これはマスコミを嫌い、社交界を嫌い、権謀術数に満ちた音楽の業界を嫌い、「気難しい」「不機嫌」と言われる基となったようです。
 また、親しみが過ぎて、軽口を叩いたり、品位に欠けるジョークを口にしては顰蹙を買っていたのも事実です。それが元で、親友と言われる人々、例えばクララでさえ辟易し、関係がこじれることもしばしばだったとか。まあ、今日的に言えば、所謂「オヤヂ」だったのでしょう。
 
 そうしたブラームスは特別発展的な音楽を志向したのでもなければ、当然社会的な音楽を志向したとも言えませんでした。社会問題に対する認識がどうであったのか、詳しい記述は見つけることが出来ませんでしたが、ビスマルクの熱烈な支持者であったのだから、関心がなかったわけではないでしょう。また、子供好きでしたから、貧困に喘ぐ子供を目にすれば、同情的だったに違いありません。しかし、可哀想、とは思っても、それが音楽にまつわる活動に繋がることはありませんでした。そうした子供たちには施しを与えるべきだと考えたのでしょう。売名と思われることを嫌っていたので、無名寄付を行ったり、行おうとした記録があります。また、労災婦人のための慈善演奏会に出演した記録はあります。
 
 ブラームスに限らず人の人生観は簡単には説明できませんが、ブラームスは複雑で動的な社会背景を有しながら、自分の音楽とそれらを結び付けようとはしませんでした。その、「しない」ことが彼の人生観の一つだと私は考えています。付き合いそのものは短時間でしたがブラームスの敬愛するシューマンは「複雑」で「動的」な社会を全て背負い込まなければならない作曲家でした。殆ど「業」といっても良い程のその性がシューマンの人生をあのようなものにしてしまったのではないかとも思えます。ブラームスはそれを近くで見ながら、そのようにはしない自分について、どれだけの信念があったかは分かりませんが、自分の人生の中で音楽を社会とは隔たったところに位置づけたわけです。しかし、そのことでブラームスは、計り知れない苦しみを感じていたのではないかと、私は思います。
[PR]

by bassbassbassyy | 2009-09-18 06:38 | 音楽


<< ブラームスはお好きですか?(10)      ブラームスはお好きですか?(8) >>