<   2009年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧


2009年 06月 30日

見た目、デフォルメしない、文章。

でかおさんの言う、フレーズの分解について、ストラヴィンスキーは間違いなくキュビズムの影響を受けていると、私は考えています。そんな話しは聞いたことも読んだこともないけれど。

だから、単なる分解ではなく一点透視図法のアンチテーゼとしての多点透視図法(こんな言葉あるのかな?)ですから、本人なりのルールを設けて、千切っては角度をかえて繋げているのだと思います。問題は、演奏する上でこれを知ってどうなる、と言う具合なのですが、リズムの問題もあるので合わせて考えてしまいましょう。

ストラヴィンスキー他ロシアの作曲家に限らず、騎馬、乗馬の関連は2拍子と3拍子の絡みが多いように思いますね。これは激しいタイプの舞踏に繋がって行きます。古くはタランテラのような。

ここにより強烈なアクセント(殆どガツンと言うような踏み込み)をデフォルメしてつけると、
例えばバーンスタインのウェストサイドにある「アメリカ」の様なリズムが産まれます。
これはタタタ、タタタ、タタ、タタ、タタ、(全部で12)で納まりが良いのです(映画のダンスも思い出すとわかり易いです)。

しかし、別のデフォルメをすると、例えばDave Brubeckの「Blue Rondo A La Turk」の様にすることが出来ます。
これはタタ、タタ、タタ、タタタ、(全部で9)で若干納まりが悪い。
でもこちらの方がクールを演出出来る。例え変拍子でも、単純なリズムの連続は、変な言い方ですがホルモン的なんですね。ところが納まりを悪くすると知としての緊張感が一気に高まる。納まりの悪さの調節が難しいですが。

一点透視図法の人物画でも景色でも、歴代の画家は様々な方法で物語を埋め込むことが出来ました。これは経験的な「知」のありようです。作る方にも、観る方にも同じ物語の素地があります。

しかし、キュビズムに見られる多点透視図法は画家の思惑が画面を支配していながら、その思惑は見る者の経験では計れない。物語は見えているのに(人物だったり、建物だったり、キュビズムは「もの」を捉えていますからね)。そこで、考える。
この「考える」という行為がピカソやブラックが絵を見に来た人に求めた行為だったとすると、ストラヴィンスキーも同じことを求めているのではないかと思われます。これを生理的に高めるのがリズムです。先に述べた通り2拍子と3拍子の絡みは、元来的には野生に根ざしますが、変拍子を備えることで知的緊張を一気に高めてしまう。
聴く方は「これは何だ?」と考えますよ。
もちろん、答えはわかりません。それはあんまり問題ではない。
高度に知的な手法で「これは何だ?」に誘い込むことが大事なんです。

演奏する人間はストラヴィンスキーに協力して、キュビズムの作品を書いているようなものです。そこには演奏者の「物語」はあまり求められていません。寸断した寸法を正しく把握し、正しい角度で再現しなければならない。
でも、これだけでは音楽にならないこともストラビンスキーは良く知っていたようです。
一つは形式。ソナタ形式ですね。
もう一つはアンサンブル。人の息吹を感じさせる空間の演出を忘れていない。これは形式と密接な関係がありますね。
この二つがなければ「これは何だ?」と考えさせる余地を与えないのと同じですからね。
だから、演奏者はいつにも増して、「感じたように」やることは出来ません。アンサンブルや踏襲されて来た形式はあるけれど、単にそれを足がかりに感情の赴くままに演奏しては、分断したフレーズを正しくはめ込むことが出来なくなってしまう。小海のようにね。
聴く人を感心させ、感動させ、さらに、考えさせなければならない。
変拍子にするしないに関わらず、2楽章、3楽章も同じですね。

私は、こんな風に考えていますが、みなさんはどう思います?
[PR]

by bassbassbassyy | 2009-06-30 03:51 | 音楽
2009年 06月 26日

バーゼル!

社長! 実はその事(前の投稿のコメント)を、うえのはらさんとメールでやり取りしたんですよ。リズムは監督の言う通り 「ジャズ」 を意識しなければならないんだけれども、まずは テンポ だって。

無意識にしろ、意識的にしろ、何かしたとたんに(それが恣意的に正しいテンポを示そうという行為であっても)、テンポはぶれるばかりで、全体としては駄目になっちゃう。007.gif

これまで音泉でやっていたような曲は演奏者の都合に多少の融通が利いた。けれど、バーゼルは社長の言う通り、それが出来ない。ジャストではめるテンポ感がまず、在りき、なんだ、って。

だから、前夜の壁打で社長が苦労しているのを見て、その事が指摘できれば、もしかしたら違ったことになったかも知れない。それが悔やまれます。021.gif
苦労している社長を見ながら、それが何に由来しているのかを、きちんと考えなかったんですよ。見ていながら、見えていない好例ですね。
私はリズムに気を取られてばかりいて、譜面通り音を打てれば出来た気になっていた。本番では、しょっぱなから間違えたりしたからそれすら危うくなっていて、「はめていく」ことを考えてしまった。もう駄目ですね。はめて行こうとしたときは既に、
 はめるテンポ感 が失われていた訳です。

でも、 音泉らしさ と言う事で言えば、私は小海のバーゼルも音泉らしいと考えています。追いつ追われつで曲自体は本質的な部分を失ってしまったけれど、そこに必死で食らいついていく様子は、如何にも音泉らしい。ある意味、テンポ感よりもさらに大事な物はちゃんと出ていた。これまでの音泉の弦と比べても、相当な進歩だと思っています。
それは、 「向かって行く」 と言う事です。隠れない。
実際に、音を霞ませたり、弓をコンマ5ミリ(?)浮かしたり、するのは別にかまわないんです。みんなでガシガシ弾いたらうるさいし。
しかし、気持は、最初っから最後まで弾き倒す でないと駄目ですよ。弾けないから隠れよう、と言うのは本当は駄目ですね。隠れる必要があるから隠れる、でなきゃ。
小海のバーゼルは「向かって行った」と思います。あんなに難しくてわけがわからない曲なのに、相当、果敢に、しかも無謀に、立ち向かったじゃないですか。
無謀 と言うところが如何にも音泉らしい。006.gif
[PR]

by bassbassbassyy | 2009-06-26 10:38 | 音楽
2009年 06月 19日

明日は小海!

、タイトルに入れようとして、「明日は我が身」と言う言葉が浮かんでしまった。
誰の、何のことを暗示しているのだろうか?
「明日は我が身」は災難や災厄に対して常に備えるべし、とのことではあるが、色々と転用、というか変用されている。
音泉でも、何処かの誰かは、イゴールを何かの災厄と考えている節がある。

けしからん話しである。

とは、言え、その何処かの誰かと朝から練習したら、
充分ではないが、 「なかなかよく練習したではないか」 と、思うくらいにはさらってあるようだった。
ここまできた努力を思えば、歯を喰い縛ってでもやり通すのが、男と言うものだ。
男であることに期待しよう017.gif

などと、偉そうなことを言っていると、罰が当たる。
ので、謙虚になって練習をしようではないか。
明日は小海、とは言え、今日もまだ9時間も残っている。
でも、楽器を触る時間はないな。
楽器を持てなくても、譜面を見たり、デモを聴いたり。果たして効果があるのかわからないが、そんなちょっとした努力でも、積み重ねていると、少なくとも「歯を喰い縛る」気持には繋がるだろう。

諦めては駄目なんだよね。
(なんか熱血だぁ031.gif
いや、そもそもこんな話しを書くつもりではなかったのだが、まあ、いいか。
[PR]

by bassbassbassyy | 2009-06-19 15:07 | 音楽
2009年 06月 18日

楽しむ演奏の楽しみ

バーゼルで すっかり やる気をなくしている人は、我が団の中にどれくらいいるだろうか?まあ、無理からぬところもある。何しろブラームスは「新しい音楽」くらいの生活をしてしまうとストラヴィンスキーは、まあ「未来の音楽」なんて感じになっているのだろう。

でも、スコアーをよくよく読んでみればわかるのだが、そんなに変なことはしていない。大体、ハイドンの頃に使っていた記譜法と殆ど変わらない。拍は変わることはあっても、なくなる訳じゃないし、調性だってとてもしっかりしている。「新古典主義」を名乗るだけのことはある。
トラッディーなのだ。

そして、 楽しい 。041.gif

楽しい、と言えば、今日、子供の小学校の「◯○音楽会」に行って来た。全校挙げての音楽会である。大きなホールでやるのだ。なかなか面白いことをしてくれる。

a0126211_013388.jpg

こんな感じの器楽演奏もあって、なかなか楽しい。

そう、
楽しい
のである。

これは、どう言うことか?

ただの 親バカ 、と言っては面白くない。
それを証拠に、自分の子供が出ていなくとも、楽しい、のだ。
相当に、ぎゃんぎゃんしてて、音痴で、グチャグチャなのだが、ステージの子供たちが楽しんでやっているのが、ちゃんと伝わるのだ。

子供の頃を思い出した。ヴァイオリン教室の「おさらい会」「発表会」ではなくて学校の合唱祭などである。
必ず、音楽嫌いのクラスメートが何人かいて、ふざけて、なかなかまじめに歌わなかったりする。
帰りの会とかで、「今日の歌の練習の時、◯○君はふざけてて歌ってませんでした。良くないと思います」とか言われちゃうのが、何人かいませんでしたか?

面白いのは、練習を重ねるうちに、そう言う子供も歌の楽しさに目覚めちゃったり、少なくともふざけたりしなくなって陰が薄くなったりして、全体で楽しくなっちゃったりする。こうなると、俄然面白くてみんなで大声で歌っちゃったりして、いい気分になったりしませんでしたか?

また、たまに悪ガキみたいのがいつまでも、幅を利かせていたり、先生がいつまでもその子にかまけてたりすると、全体に何となく面白くない雰囲気が蔓延しちゃって、妙に声の聴こえないクラスがあったりして、ってことありませんでしたか?

楽しい、てのはどうもそう言う具合に広がったり、狭まったりしている。

我々は充分大人だけれども、もしかして同じなんじゃないだろうか?
今までの演奏を振返って見ても、そうだ。
歯を喰い縛って、アンテナ張り巡らしてい楽器弾いているとき、頭の何処かは、それを喜んで、興奮していたのではないか?少なくとも私は「面白くない」と思って弾いたことはないような気がする。
では、どうすれば楽しくなるのだろう。
[PR]

by bassbassbassyy | 2009-06-18 00:53 | 音楽
2009年 06月 16日

バーゼルを弾く方法

楽譜とメトロノームと3対睨めっこの続く日々。
辛く、悲しい、日々であった。

あった、と書くからには過去のことである。

そう!
ついに、というか、殆ど無法化状態ながら、弾くことに関しては、克服してしまった。
ふふふ。

そんなに難しい話しではないのだが、要するに、全部4分音符に置き換えちゃう。011.gif
断っておくが、当然、音楽監督には内緒である。
「そんなの 駄目!」って言うに決まってるから。

であるから、ここから先は内緒話なのである。028.gif


全部と言っても、優しいところは8分の6でも8分の9でもそのままでかまわない。
ベースのように休符の中に弾く音がポンポンと入っているようなとこでの話しである。

例えば42から。
ヴァイオリンの人には無理だが(この間、デカオさんはやってたけど)8分の6は3拍子にしてしまう。4分音符で割り切れるところの音はアクセントをつける。
これだけ。
これだけで、弾けちゃう。

何を今まで悩んでいたのだろう?と、言うくらい簡単に弾けちゃう。


ヴァイオリンを中心に考えると、これは出来ません。ヴァイオリンは変拍子の必要性が明確ですね。これ、4分音符で書いたら、弾けなくなっちゃう。と言うか、書くのがとても面倒ですな。

あとは、実際にやりながら、4分音符を8分の6に組み込んで勘定すればよろしい。
もっとも、これが長続きしないのだが。015.gif
[PR]

by bassbassbassyy | 2009-06-16 14:46 | 音楽
2009年 06月 14日

らしくない こと

ブログを開設して、まだ間もないながら、少しずつ反響が寄せられてきています。
そのなかで 「らしくない」
 という、ご意見を頂きました。
まあ、私の「らしい、らしくない」ということなのでしょうが、それはともかく、
音泉として「らしい、らしくない」となれば

これはどう言うことか?>

実は、音楽を演奏することと、演奏する団体を運営していくことと関係があるのではないかと考えています。030.gif

みんなで何かを行う時に一人一人に求められるのが 「役割」 ですね。そして、この役割には 「演じる」 ということがどうしても含まれています。何故なら負わねばならない役割は必ずしも、その人そのものの「個」と合致する訳ではないからです。合わないところは「演じる」ことで埋め合わせねばならない。
でも、「演じる」ことは、大概の場合「らしくない」ですよね。

とても明晰で器用な人はその役割を果たす上でもっとも自分らしくことを進めることが出来ます。でも、如何に明晰で器用であっても、やはり「演じる」部分は出来てしまうでしょう。
また、どんなに一生懸命、その役割を果たそうとしても、この「演じる」部分が本人の本来のものとひどく乖離してしまうと 破綻 します。ポカ、とかドジ、とかを合理的に説明する一つの方法です。

では、音楽を演奏することと、この役割の関係は 如何に?

やはり、関係はあると思います。その人に向いていない楽器と言う物はどうしてもあるし、あるにもかかわらず、合わない楽器を一生懸命練習している方に出会うことはあるように思います。また、一つの曲の中で、作曲家が求めるその楽器の役割と、元来その楽器の持つ持ち味が合わないと言うことが稀にある、以上に、その楽器に求められる役割と演奏者の本来の物が合わないこともあるでしょう。
演奏家が求める完成形の為には、合致しない事柄を排除することもあるでしょう。

音泉は、その他のアマチュアバンドにおいても多分そうですが、そう言うことはしない。一つのパートに人が複数いる中で役割分担する際には、実はその作業をしていることもありますが、例えば指揮者やトレーナーが、「そのソロは別の人にやってもらいましょう」と言うようなことは音泉ではありません。

これは、完成形を重視しないのではなく、演奏する努力を重視するからです。
演奏しようとする意欲 を重視しているからにほかなりません。逆に、これがなかったり、意欲に含まれるべきものが軽薄であれば、監督は容赦しないでしょう。私もそれで良いと思っています。
気持がちゃんとしていれば、結果、ポカしたりドジったりがあっても気にしません。

ん、少しは気にはなるかも(自分は棚上げ)037.gif

運営の様々な煩雑事は、多分、どんなに適材適所として役割配分しても、そんなに効率良く、トラブルなく進むことは期待出来ません。適材適所に出来るだけの「手」はとてもありません。さらに、皆さんは社会生活を送る上で充分に役割を演じているから、音泉においてまでそれを充分に果たせと言うのは酷だと思います。また、演じることから逃れる為に、真に打ち込める音楽をやりに音泉で演奏しているわけでもあります。だから、なるべく負担は軽い方が良い。
でも、子供っぽい屁理屈で為さねばならない事柄を忌避する方は音泉にいらっしゃる必要ありません。仕事をなさらないから、と言うのではなく(正当な理由はいくらでもあります)、そう言う方に意欲のある演奏を期待するのが難しいからです。

音泉は大きくなって、こなさなければならない煩雑なことが沢山あります。
「らしい」の中に「らしくない」は含まれている。そう考えなければ、上手く行かないとも言えるかもしれませんが、本質的な言い方をすると、
 こうしたい と思ったことをやり通す為にすべきことは、らしい、らしくないに関係なく すべきことはする という当たり前のことではないかと、思ったりするのです。
どうでしょう?
[PR]

by bassbassbassyy | 2009-06-14 16:07 | 運営
2009年 06月 13日

閑話休題   「懐 石」

そんなわけで行って参りました

銀座 宗家源吉兆庵 松濤

「そんなわけで」、と言うのは、前回投稿の「5月病」のことですな。
憂鬱な時は美味しい物とお酒で元気を取り戻す。
基本です。011.gif

ここは、音泉の皆様ならば何となく分かる場所、今は移転中ですが、そもそもの銀座YMAHAの建物の向かいにあります。建物正面は和菓子屋さんになっていますが、店舗右脇を入ると、

a0126211_21485121.jpg


奥に暖簾がかかっています。それをくぐらず、手前のエレベーターで上に上がります。
甘味処、椅子席、座敷とシチュエーションに応じて使い分け可能です。
今日はお座敷。

ビールを飲んで喉を潤していると、先附の登場。

a0126211_2154342.jpg

水無月豆腐と生雲丹 山葵 花穂 吸酢です。



なかなか、微妙な味の取り合わせですが、良いバランスで出来ていますね。










程よく食した頃に、前菜


a0126211_21562114.jpg

季節の前菜盛り


空豆に黒ごまをあしらって蛙に見立てています。
手前の黄色いのはイカの作り。
脇の桜ん坊はチーズです。















この後に、御椀 向附 御菜 食事 水物 茶菓 と続き 最後に抹茶を頂きます。

お酒も色々ありました。

日本酒を少々頂きましたな。銘柄は 銀盤 出羽桜 浦霞 等々

他にもワインや焼酎等もありましたな。

さすがは老舗。美味しく頂きました。

これで、憂鬱な気分も晴れ晴れとしてきました 058.gif

良かった、良かった003.gif

(実はお袋様の喜寿のお祝いでした。意外とお手頃に頂けるのですが、流石に一人では行けませんな。)


早速、音楽から脱線してしまいました。
[PR]

by bassbassbassyy | 2009-06-13 22:22 | 食べ物
2009年 06月 12日

イゴールな憂鬱?

開設早々、品位でつまずいたが、・・・・

そもそも、皆さんに楽しんで頂けるような文章が、書けない002.gif

楽しんで頂けるような文章だと、難しいテーマは・・・007.gif

と言うことは・・・

このブログ自体意味がない057.gif

いきなりれぞんでーとるにぶち当たってしまった。
しかも、私の好きなEXはブログを楽しく飾る機能が少なく、何となくお固いのである。

まあ、しょうがない。
とにもかくにも、最初はとばすぞ!

と、言うわけでストラヴィンスキーである。
某SNSではある程度この曲を演奏する意味合いが理解されつつあるように感じますが、やっぱり、もっともっと、みんなでわからないと
いけないんじゃないか!?などど、思ったりして、書いている。

私の思いは、一つは団員専用HPのPodcastに書きました。
しかし、まだ足りないかな〜、と言う思いが拭えない。
合宿では、お酒を頂きながら、そこのところをよ〜くお話ししようと思っていたのに、
寝て020.gifしまいました(すみません)。
であるので、なぜ、今なのか。
まあ、一つは監督の性格ですかな。004.gif

それから、これが肝心なんだけれど、弦楽合奏では緩くない、ことをしなければならない。これは「ホルベア」で経験済みですが、さらにそこに磨きをかける。

また、如何にも無機的なストラヴィンスキーについて実は有機的なアンサンブルが内包されているのだけれども、そこに到達する為にはある程度の練度が必要と言うこと。きちんとした練習をしないと出来ない、わからない、と言うことがあるからですね。

これ今の内にしとかないと、東京、新潟、松本の他のプログラムがとてもきつくなります。
ドヴォルザークの練習で表面化した音泉の「ふにゃふにゃした面」は取り敢えずは時間の無駄。
同じ徹は踏まないの覚悟で参りましょう。

やっぱり、最後は固いんだよな〜。
社長みたいに柔らかい雰囲気が終止漂うようなのできないかなぁ。
[PR]

by bassbassbassyy | 2009-06-12 23:24 | 音楽
2009年 06月 12日

そう言う訳でここからスタートです。

ここでは音泉の情報、特に何を考えてこうしたい、こうしている、こうしました、と言うことを書いていきたいと思っています。これまでにも「団員専用サイト」(サイトと言いながらただのHPである)を作って見たり、メールで色々流してみたりしましたが、なんか手応えがないですな。
皆さんにはこれまでも、「コメントしにくい」等の意見が寄せられていたので、これでやっと一つ進めたかな、と言う気がします。

早速、問題提起したんですけれど、早計でした。
あまり品位のないことはしてはいけませんね。削除ししました。
慣れぬことも多いので、諸先輩方宜しくお導きを。


ところで、昨夜は池袋:「田舎屋」でしたが、鱧の湯引き、たたき、旨かったですな。
やはり、暑い季節は長い物です。
[PR]

by bassbassbassyy | 2009-06-12 10:54 | 音楽
2009年 06月 12日

音泉ブログ登場

色々な方法を試みてきたけど、中々上手くいかない。コミュニケーションとは中々難しいものです。
そんな訳で、これも試み。
ともかくやってみましょう。a0126211_1018730.jpg
やってみないとわからない。やってみて初めてわかることはやらないとわかりませんからね。
皆様、ここが意見集約の場になれるよう、どうぞ投稿の方、宜しくお願い致します。
[PR]

by bassbassbassyy | 2009-06-12 10:22