音泉室内合奏団の食卓

ceonsen.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2010年 09月 16日

そろそろ、ショスタコーヴィッチの話しをしよう。

でも、ゆっくりとしか出来ない。

そもそもボロボロだったミニチュアスコアーが引っ越しのどさくさで、何処かに入り込んでしまったのを機に、近所にあるヤマハで全音のミニチュアスコアーを買ったら、記憶にない解説がついていた。以前持っていたのは音友だったらしい。
まあ、それはともかく、寺原信夫さんの書かれた解説で印象的なのは、誰もが語る当時のショスタコーヴィッチがおかれていた背景を綴った後に、「第5交響曲の特徴について」と題して、ショスタコーヴィッチ自身の話しや論文、また、トルストイの書いた記事を通して、楽天性や明るさを紹介していることである。作曲家:寺原信夫自身の言葉としてではなく、作曲家本人と当時のソヴィエト連邦を代表する芸術家である文豪の言葉を、当事者の証言として、それを裏付ける権威の証言として、紹介している。「大いなる精神的葛藤の悲劇的衝突を通じて、世界観としての楽天主義を主張したかったー」とショスタコーヴィッチが言っている。「ショスタコーヴィッチの明るい人生観は、ソビエトの聴衆に理解され受け入れられたー」とトルストイが言っている。解説を書いた寺原信夫さんは自分では何も言わない。
これは、解説なので必ずしも著者自身の考えを書かなくてはならないとうものではない。一般的に理解されているところの事柄を紹介するのは至極真っ当なことである。でも、「変」なのだ。

ショスタコーヴィッチが楽天的で社交的な人物で、ブラームスのようにいつも不機嫌で、ベートーヴェンのように誰彼かまわず怒鳴りちらしたり、シューマンのように自分の殻に閉じ篭ったりしなかったのは本当のことだと思う。サッカーが好きで子供が好きで、「証言」にあるようには、軽々に人を貶めるようなことは言わなかったはずだ、と言うのも本当だと思う。
でも、本人が言う「世界観としての楽天主義」の主張は信じられない。
多分、寺原信夫さんも信じられなかったのではないかと思う。

私は、素人で、専門的な知識を持たないので、あまり逡巡しない。
もし、本当に「世界観としての楽天主義」ならば4楽章はハ短調からハ長調にするだろう。1楽章もハ短調となるだろう。ニ短調は変だ。
こう感じてしまうのは私が調性に対してきちんとした知識と考察力を持っていないからかも知れないし、ショスタコーヴィッチの調性に対する考え方を知らないからかも知れない。
若しくは、ベートーヴェンの真似は出来ないと考えたのかも知れない。

でも、こう考えたらどうだろう?
「良心、または正義観としての楽天主義」
これだと、ニ長調と言うのは中々にすっきり収まる。

どうです?
みなさんは、寺原信夫さんの解説をどのようにお読みになりますか?
[PR]

by bassbassbassyy | 2010-09-16 02:18 | 音楽
2010年 09月 13日

すべきこと

 Aオケの定期演奏会、みなさまお疲れ様でした。
凄い演奏でしたね。毎回だけれども、演奏後の疲れ方が尋常ではない。
私は、「団友」という立場で、ひょっこり現われて、しめしめと演奏しているのですが、団員のみなさんが半年間かけて積み上げて来たものを壊すこと無く、出来うるならば、より効果的な演奏でお役に立てれば良いなと思って、望んでおります。なかなか、思うようには演奏出来ず、充分にお役に立てているとは言えないのですが・・・。
毎回毎回思うのは、もっと練習してきちんとやらねば、と言うことです。
本番が終わると、本当にすべきだったことが色々わかって、あそこもここも出来なかったなぁ、と思う。
すべきことを、ちゃんとするのは、やはり難しいことなのですが、やらなくちゃいけませんね。
S先生へのご恩や、監督や、音泉の団員でもあるAオケのメンバーや、私を親しく受け入れて下さっているAオケの団員のみなさんのお気持ちに、少しでも答えられるようにしたいです。
今日は仕事も休んで、ダラダラ、ゴロゴロ、本当に何もせずに粗大ゴミ化して家人にも迷惑をかけながら、そんなことを考えていました。
一生懸命やりますので、また、宜しくお願いします。
[PR]

by bassbassbassyy | 2010-09-13 22:43 | 音楽
2010年 09月 09日

久しぶりに、ショスタコーヴィッチ

映画評論家の故水野晴朗さんが007シリーズの「ロシアより愛をこめて」を、「007危機一発」との邦題で映画ファンだけでない多くの人々に興味を湧かせた話しは有名である。
特に「危機一発」との当て字を使う当たりは心憎い。
このような成功例(?)ではあるのだが、違和感は拭い得ない。
フレミングの原作も、映画も、ロシアは出て来ない。故に、解り易く、人々の気を惹きやすい邦題を付けた訳だが、映画を見てしまうと、「ロシア」に俄然意味が見出せて、折角の邦題も煤けて見えるのである。
興味のある方はレンタルDVD観るか、小説を買って読んで下さい。

さて、邦題が非常にまずい具合に作用してしまった例がある。
「革命」
この邦題を考えた方は凄い。
本当に革命っぽく聴こえてしまうのである。

でも、本当は「革命」とは殆ど関係ないのである。
ショスタコーヴィッチ:交響曲第5番「革命」
って、言われると、もう、「革命」なわけだけど、本当は関係ない。

まず、多くの方にこの呪縛から解き放たれて頂かなくてはならない。
これからは「革命」ではなくて「タコ5」と呼びましょう。

さて、広報部長、音泉では「革命」、どうします?
標題ついている方が、お客さんは来やすいんだけれど。
[PR]

by bassbassbassyy | 2010-09-09 22:42 | 音楽