<   2013年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2013年 01月 09日

4分の2拍子

シンフォニーの4楽章が4分の2拍子で書かれていることについて、練習では触れられていない。
監督としては他に伝えるべきことが沢山あるのだから仕方がない。
また、このことについて簡略化して伝えてしまうと、必ず間違いが生じる。
だから、触れられていないのだと思う。
誤解されやすいのだ。

でも、とても大事なことではある。
例えば、2分の2拍子で書かなかったのは何故か。
書法の問題もあるが、2分の2は、要するに「気分」ではないのだ。
ここで「気分」等と書くから誤解が生じる。
しかし、まさに気分なのだ。
例えば「速さ」で考える。
我々のリハでの演奏を「速さ」の側面で捉えるならば、これは2分の2拍子で書かれている音楽になる。「速さ」で言えば、我々の演奏は充分に「遅い」からだ。しかも、「背負っている」。
1拍1拍に内包する重みがある。さらに言えば、1拍目が長過ぎて2泊目が短い上に、2泊目が重い。これで♩=144位でやっているのだから、新参兵の連帯が重装備で「早足」しているようなものだ。これは2分の2拍子の音楽である。
監督の言うようにアレグロ ヴィヴァーチェは必ずしも速さを強調する為の速度記号ではない。
「陽気に、快活に」せめて「快速に、快活に」程度である。
だから、そもそも、「速さ」はこの楽章を演奏する上での課題ではないのだ。
4分の2拍子はもっと自由な拍である。
2分の2拍子でアレグロ ヴィヴァーチェならば何かを背負いつつ突き進むイメージであるが、4分の2拍子は何かを拭い去ってでも突き進むイメージである。
嘗ての「巨匠」が演奏したようにゆっくりしたテンポから急速なテンポへ劇的な変化を生じさせることは、現代の感覚からすると少々変なのだが、かと言って、当時の大袈裟な演奏の一つと決めつけられる程軽薄なものでもない。4分の2拍子であることの自由度は相当なものなのだ。
なぜなら、当然のことながら1小節1拍子の4小節が楽節としての最小単位であるから、それを2拍子と捉えれば、「速さ」の変化は実はそんなには大きくないのだ。

でも、我々は4分の2拍子でやろう。そう書いてあるのだから。
4分の2拍子のアレグロヴィバーチェで演奏しよう。
陽気に、軽やかに、快活に。それは「速さ」ではない。
何かを背負い込むことでもない。拭い去ることで得られる快活さなのだ。
[PR]

by bassbassbassyy | 2013-01-09 23:28
2013年 01月 01日

あけましておめでとうございます。

今年も宜しくお願い致します。

と、挨拶してみたものの、実は年末年始の気分がまるでない。
今年はとても久しぶりに31日、1日と続けての休暇で、実家に帰って過ごしたのだが、正月気分がまるでない。
そんなわけで、音泉の今年のお題目も考えていない。
今年は管楽器の年である。これは予定通り。
では、管楽器を中心に据えて我々は何をテーマに頑張るべきか?

あまり良く考えていない適当な状態で言うのも何だが、今年は「宇宙」かな、などと思ったりする。

「宇宙兄弟」がブームになっているし?

私が思っているのは「宇宙兄弟」とはあまり関係がない。
どちらかと言うと昨年観測されたかも知れない「ヒッグス粒子」の方が関係がある。
「宇宙物理学」は理論としてもの凄く発達して来た。「宇宙」は物理学の理論によって説明されて来ている。このことに因縁を付けるつもりは全くないが、その方向に於いて日夜様々な努力を重ねている方々が、どうしても「ちょっと、へんかも」との思いを隠せなくなって来ているような時点に達しつつあるような気がする。婉曲な表現になってしまうのは、物理学による世界観を理解する能力が私にはまるでないからなのだが、素人向けの「サルでもわかる」みたいなものを読んでみると、これはちょっと変かも、と思わずにはいられないのだ。
理由は単純で宇宙を語る物理学が記述だからだ。
物理学全般で言えば、観測を伴う研究が沢山あるのだろうが、大きい世界と小さな世界に関する物理学は「観測」という立地そのものを充分に考察しなければならない地点に来ている。「観測」とは哲学の問題なのだ。
私たちには心強いことに物理学の大先生がおられる。実践的な研究に携わっておられる団員もいる。酒を酌み交わしながら1年かけて、色々とお話を伺いつつ、自分の宇宙を想像してみるのも良いかも知れないと思っている。
宇宙は勿論、みんなのものでみんなが共通して理解出来る言葉で説明されるのが良いことだとは思うが、その説明が哲学の領域に入るならば我々は一人ひとりの宇宙をきちんと想像しなければならない時期に差し掛かっているということでもある。かつて「私たちの地球は・・・」と仰った方(故人)は「宇宙を研究するということは、宇宙を通して私たち自身を研究することだ。」と宣われた。
真意はともかく、なかなか素敵な言葉である。
そして、なにより音楽は宇宙と同じなのだ。

と言うわけで今年のお題は「宇宙」で、如何でしょう?
これがまた、このブログ、殆ど書いてないから、読まれないし、反応ないし。やれやれ。
[PR]

by bassbassbassyy | 2013-01-01 23:50 | 音楽