タグ:バランス・テンポ ( 1 ) タグの人気記事


2009年 10月 14日

ブラームスはお好きですか?(14)

 失業中も中々忙しくて、更新が疎かになってしまいました。009.gif
 忙しい2週間でありました。酒飲んだり、演奏会出たり(普段と変わらんか)。実は、原稿自体は出来ているんですけど、こうして、前置きと言うか、つなぎを書かなくてはならなかったりして、掲載するのも結構大変なんです。
まあ、愚痴はこれぐらいにして。
039.gif
 で、ブラームスですが、そろそろ本番も近づいて来たので、終わりにしないといけませんな。どうしようか?013.gif
 ともかく、今回は音程、バランス、テンポについて考えて見たいと思います。
 はっきり言って、私がベース弾きだから言うのですが、ブラームスはベースです。
コントラバスが一番良い。何しろ難しい(早い)パッセージがない。私でもほぼ、弾けます。1番はちょっと難しい(早いところが結構ある)。2番は少し難しい(早いところがまだある)。3番はとても素晴らしい(早く弾くところがない)。4番は素晴らしい(早く弾くところが少ししかない)。それでいて効果的、且つ格好良い。なので、みなさん、ご自分が演奏される際には、必ずコントラバスを聴きながら演奏して下さい。
何何、音程が悪い!?
大丈夫、解放弦はしっかりチューニングメーターで合わせておきます。
何何、走る!?
大丈夫、しかり付いて来てくれれば、音楽を引っ張っている様に聴こえます。
何何、間違ってる!?
大丈夫、かな?まあ、ベースってのは間違えるもんです。
何何、休んでる!?
そりゃ、休みますよ。後ろの先生だって、1から3楽章まで休んでいるんだから、我々だって休みます。
037.gif
 まあ、バカはこれくらいにして、ブラームスの交響曲を演奏する場合に大事なのは低音。これはピアノで弾いた場合の左手の動き(特に小指と親指)のことです。パッセージの展開する最初の音を補強した小指か親指で弾くのがブラームスらしい音の作り方の基本でございますな。単純な例ではハンガリーの5番のテーマの伴奏の左手。1拍目強拍は親指でしっかりと弾きますよね。鍵盤をしっかり奥まで叩きつつ圧す。何と、ブラームスさんはこの単純明快な基本が大好きです。交響曲の場合でもピアノ演奏に置き換えた場合、左手の動きとして基本を捉えると和声の動きはほぼ予想出来ます。その響きの中で自分がどんな役割を演じているのか考えれば、比較的簡単(簡単ではないけど)にツボが見出せるでしょう。これは高音だけで彩られている部分にも有効です。
和声はリズムに比べると、明確な進行を示していますし、音は取りやすく出来ています。それだけに外すと痛いのですが、これは練習すれば外さない確率は上がりますから、済む話しですね。確実に音を取ること、和声上の役割を考える上では、ピアノ的に左手を意識すること。これでブラームスサウンドは我々のものです。なんちゃって。
このことばかりに執心していると大きな間違いに遭遇することになりますが、まあ、取り敢えず、最低限、ベースが弾いているところではベースの音を聴くこと。ベースが聴こえなくなってしまったら、それは音の出し過ぎか、別のことに気を取られ過ぎているかです。気にかけるべきは、もちろんその時々の主旋律ですが、ベースが主旋律を意識している限り、ベースを越えなければ大丈夫なわけです。それで駄目になっちゃったら、ベースのせいにすれば良い。これで、音程と音量はほぼばっちり。
でも、本当にこれをすると、ブラームスって、実は静かな音楽だってことが解ります。
038.gif
 では、テンポ。
 4番で大事なのは推進性です。先に行く力。でも単純な馬力の問題ではない。むしろ、トルクの問題。直進性ではなく回転運動における軸に関わる力と作用点までの距離の問題。また、回転軸を持つ系の問題。でかおさんの領域ですね。私の説明で良くわからない場合はでかおさんに訊いて下さい。潜在的な一定の力が常に軸に働いていて、軸からの距離が運動量を決定するんだけれど、回転軸を持つ系の、例えばマテリアルの問題みたいなのも意識してみたりして、みたいな感じです。テンポっていうのは各楽章で異なるから、トルクも異なると考えて良いのですが、何れにしても相当な力がある。どんな抗力が働いても仕事量は変わらない。強力なトルクがかかっている、と言う感じの推進性です。例えば、小節線。これを越える時には常に何らかの抗力が発生している。ゆっくりしている旋律上では、しかし、淡々と歩みは変わらず進んで行きます。でも激しいところでは抗力が大きい。と、進むことが出来ない。でも、軸にかかる抗力が増強しても一定のトルクが強大に働いているので、歩みを止めることがない。抗力は打ち破られて、トルクは不変なのであります。この場合、軸を持つ系のマテリアルな問題はどうしても生じてしまう。折れてしまうようなものではないんだけれど、固いゴムと鉄とを比べると多分、鉄の方が軸の回転速度に近い時間で抗力を打ち破る。ゴムだと打ち破るまでに時間がかかる。撓るからね。CDで聴ける幾つかの良い演奏の中での、演奏の質の違いは、このマテリアルな問題なのかな。中心軸からの距離は音の大きさや激しさ。だから、この推進性がきちんと表現出来る限りにおいては、アゴーギグの範疇も自然と広がる。この推進性がもっとも表現しやすいのは、予め許容されているアゴーギグの範疇が最も狭い場合、と言うことになりますな。でも、実際のブラームスの指示はそんなに多くないし、複雑でもないのだから、ある程度のアゴーギグは期待されていると考えるべきでしょうね。推進性の意味を考えずにアゴーギグを付けると、直ぐに不自然さが前面に出てしまう。飾り的アゴーギグ。これはブラームスの音楽を駄目にしてしまう。最近はプロの演奏でもこういうのが多いですね。残念。
021.gif
 多分、トルク等と言わずに直進力で説明した方がわかりやすいんだろうけれど、直進力だと説明しにくいなぁ。
 自動車で考えましょう。
 タイヤが回っていて前進すると言うこと。ブラームスの場合の前進性は、タイヤを回す力だろう、ということです。
 常に前進しようとする力が働いています。障害や躊躇はあるけれど少しも歩みは止まらない。こんなとき、淡々と進むよりも、障害や躊躇がある方が、歩みの止まらぬ様子がよく分かる。でも、止まってしまう、後ろを向いてしまう瞬間が出来てしまうと明らかな推進生というのは感じられなくなってしまう。淀んでも、強い抵抗に合っていようとも、断固としてタイヤを回し続ける決意が全編を貫いてこその推進性というもの。それが4番にはなくてはならない。嘆息のような旋律でも、時間が止まってしまったかのような古風な教会旋法でも、常に前進している。その歩みは絶対的な力に支配されていて潜在的に物凄い力を秘めている。そんな推進性が求められている、ということですね。
これを表現するためには、きちんと拍節を理解していること、一つ一つの障害、小節線や旋律の終わりや始まり、フェルマータ等をしっかり認識して対処すること。つまり簡単に超えないこと、が大事だと思います。若干凸凹した方が推進性は表現できる、と言うことですね。だから、事前に楽譜に印を付けて、そこに来たら周りを伺い合いましょう。その所々できっと何かが起きています。これだけでもブラームスらしさが出るでしょう。
却って解らなくなっちゃったかな。テンポの問題は演奏者総体の覚悟(精神の力)の問題ですからね。
みんながそう思ってやらなくちゃ駄目なんだと思います。034.gif
[PR]

by bassbassbassyy | 2009-10-14 00:44 | 音楽